連絡先の情報

現在位置:ホーム > ニュース > 業界ニュース

業界ニュース

晶台リレーLED業界の未来

时至年末,深圳全城开始降温,却抵挡不住每一个LED行业从业者的澎湃热心。2014年12月一年一度的LED年会活动现场,深圳市晶台股份有限公司总经理龚文先生的一席脱稿演讲,引起热议。

现阶段LED产业在某种程度上来说是处于调整期,新进者的趋之若鹜以及资本的大量涌入后,有些企业出现增量不增利的局面,部分小微企业开始有点“食不果腹”了。近期行业跑路、倒闭的声音更是犹在耳旁,俨然行业的洗牌时刻已到来。对于如此种种,晶台股份总经理龚文先生在演讲开头无不感叹而又动情的说:“我自己做18年的LED到2008年创办晶台公司,这么多年来,我的每一分钱都投入到了晶台股份,每一分钱都投入到LED这个产业中来,我把我人生中最美好的18年都奉献给了LED产业,可以说我是最希望、最期盼LED产业永远生机勃勃。”言语之间流露出了对LED行业的热爱与期盼。

LED行业没有想象中那么坏

LED是一个朝阳产业,对于当前出现的问题应当理性的看待,在经济全球化的时代,不能把LED行业出现的问题都归结于LED本身。LED行业属于世界经济大家族的一员,其不可避免的也会受到全球经济复苏艰难的影响,正如晶台股份总经理龚文先生所说:“这不仅仅是LED产业会碰到这样的问题,整个世界经济都碰到了这样的问题”。

每个产业在发展中都会出现整合,淘汰,再发展,再整合,再淘汰的过程,没有任何一个行业的发展是一帆风顺的,这是共性问题,也是每个行业浴火重生的一个必经的洗礼的过程。

会议上,晶台股份总经理龚文先生就表示对LED照明充满希望:“其中一条就是LED的应用其实是非常广泛的,LED在很多细分领域内有非常多的应用,户内,户外,车内,手电,台灯,道路,健康照明,农业照明等待,出现很多细分市场,有待深挖。二是LED替代率还非常低,全球范围来讲还不到10%,还有10倍市场增长空间。三是智能照明的萌芽,为LED照明开创新的蓝海。包括未来的智能照明和光通讯,每一次革命都会带来新的替换热潮。如果我们不断开发出新的蓝海,新的业务领域,那么我们的照明领域不断的拓宽,那这个市场就不是1万亿,可能是2万亿、3万亿乃至是10万亿的市场。

不缺机会 缺乏的是发现机会的眼睛

行业出现这样或者那样的问题,其实与企业自身自然有莫大的关系,企业发展的困境关键还是在于企业在定位上的不清晰。LED行业每年的产值都会以不低于30%以上的速度飙升,市场增量十分诱人,但很少有企业清楚偌大的一个蛋糕属于自己的是其中的哪个部分。特别是大部分中小型企业基本都是市场的跟随者,随波逐流,“朝三暮四”。中国LED行业第一阶梯的龙头企业屈指可数,90%的企业都是中小型企业,中小型企业如何生存和发展,是横亘在LED行业面前的一个重大的问题。

「大企業がその特質、彼らの政策決定過程の偏長、反応速度が相対的にはどうしてもゆっくり。中小企業を利用できるかどうか小さいと小回りが利くの利点を得る市場。」晶台LED産業の一员として、晶台総経理龚文さんが自分は実踐の経験を中小企業対策。


彼は続けて「位置決め分野で「フォーカス理論」、もう一つは“鶏肋理論」は、自身の核心の競争力をどこに、全力を尽くして。「私に小束レーザー、太陽の光を万丈」これが私達が目立った意味を見つけて;私たちは大企業にやりたくない、あるいは大企業はあまり使いたい全精力がやったところで、これも私達の小企業が入ってきて見たいところ。いずれにしても、小企業自身の位置を正確に求める。」これは困窮した理論ではなく、確かに体験談、晶台の恩恵に精密に位置づけ、現在すでにLEDディスプレイの分野の実装部品メーカーとトッププロバイダは、プロも、集中力が。中小企業にとっての発言にはいい薬がない、もし企業規模の利点が、もしになる人と比べられないで細分分野の王者で、独自のユニークなものも、も一つの賢明な策略。一言で言えば、LED業界に不足しない機会、乏しい発見機会の目。


そして、晶台株式社長龚文さんは3つの業界の普遍的な存在の問題について深く検討する:

一、ローエンドの駆け引きのは最良の选択

LED製品業界だけでなく、同質化が深刻で、企業は営業モードに陥落までも均質化の悪循環が上がって、創意力の不足の製品と革新の商業モード。企業でも同じように競争、それでは唯一の武器は価格が戦。「私たちはいつも私たちの市場を広げた時、往々奥の手は値下げ」晶台株式社長龚文ずばりと中国LED業界の通弊。実は現在のために多くのメーカーがコストは折れない手段の犠牲に一部の製品品質、目先の利益だけを図。企業の発展に本当に考えるべき製品の付加価値はどこを考え、企業の位置づけとは一体何か?「コスト削減のも大事だけど、私は彼らはきっと私たちの小さい企業にするの。これは唯一の選択。」もし価格戦争の方法で発展し続けて、実はとても引き合わないのではなく、市場を開拓するの目的を達成することができない、初めからは企業の未来を葬ってきた、このような企業にも遠くに行っていない。晶台ずっと歩いて駆動型技術の発展の道を、企業のために高い性能、付加価値の高い製品、一歩一歩から、才能はLED業界で不敗の地に立ち。

二、キャッシュフローを王とは限らない

はそれだけではなく、近年、企業は「三角債による資金」、鎖切断で倒産する企業が多く。言うまでもなく、キャッシュフローは重要な保障を確保する企業の生存とされ、その重要性について。そこでLED業界から人気のキャッシュフローの王の言い方は、LED業界をかけていは資本が、晶台株式社長龚文さんが提出した別の価値を非常に重視して意見:「ある企業のキャッシュフローのいいまでも。キャッシュフローは幻の部分は、あるときキャッシュフローの企業、ごまかしボスの目に、まだキャッシュフローの存在なので、全体の企業は赤字の時には十分な重視を引き起こす。この穴はますます大きくて、あなたが目覚めたあの日、この穴は大きくない現金流を補って、あのときにも。企業の現金流きっと死んで、わずかキャッシュフローは、企業収益は絶対価値のない、このような企業もやるべきではない。」だから、企業の存在の価値は続いて収益力を失って、さもなくば、存在の価値、いいキャッシュフローのもむなしい。

三、企業はきっと重視の管理

実は、LED業界、会社でチームが敗北を喫するのが目立つ。ずさんな管理、のような人がなくて、衝撃、先に自分に負け。しかし事業に成功し、原因を探って言うならば、きっと良い管理チームは、企業の管理システムはきっと健全な、管理はきっと有効で、運行はきっと効率。これはただの凝集力の問題は、企業の利益にかかわる。

今の市場は非常に透明、顧客とすべてのサプライヤー間もシームレス接続。お客様に利益がありますか?難しい。ベンダーにより利益がありますか?実はも難しい。ではどこに利益に?」晶台総経理龚文さんの演説の中で投げた一人の関心の重大な問題。「私は管理に利益。昨日、国星光電の王総会ってくれの一番の問題は:あなたたちの回転率はいくらですか?在庫はいくらありますか?彼らはこんなに大きい会社もとても注目回転率の問題に在庫の問題は、我々としては、中小企業の一員として、どんな理由に注目されている管理?」例えば晶台導入の稲盛和夫のアメーバ管理パターンを強化し、会社の各部門のコスト意識と革新意識。おかげで良好なコストコントロール能力と管理能力、晶台業界内ではずっと高い利益率。

腹を割って、十八年経験をLED業界計画、晶台光電社長龚文さんが素樸で親切な即興スピーチを引き起こした参加企業の指導者の熱烈な拍手は、更に長年従事を得たLED事業者の心で働く時賛。

上一篇:見え隠れに拡産危機倒産パッケージ領域
下一篇:LED照明製品を大きく回復

リンク: ベイライト ランプ 統合された照明 PARライト 投光照明

©2006 - 2015著作権ポールオプトすべての著作権